MUTOH TOP PAGE 株式会社ムトーエンジニアリング
代金引き換えサービスご相談窓口お見積もりのご依頼
トップ > デジタルカウンタ


DIGITAL COUNTER
デジタルカウンタ
SPS
KPS / KPS-P

NPS
CNT-3921

特徴(共通)
デジタルカウンタのカタログデータはこちら→PDF
アナログ出力カウンタのカタログデータはこちら→PDF
90°位相(A/B相)出力のエンコーダからのパルスをカウント表示。
小数点位置が任意設定可能な測長モードと、角度計測に対応した角度モードなど、パラメータの設定により両用モードに対応可能なデジタル表示カウンタ。
送りネジのリード値とエンコーダパルス数(1パルス~任意)を、パラメータによる任意設定が可能なため、送りネジピッチに合わせたエンコーダのパルス数を選定する作業が不要。
パラメータ設定値やカウント値は、不揮発性メモリで記憶。(電池不要)
外部制御信号により、リセット/プリセットなど、カウント制御可能。
フリー電源の採用によりAC100~240Vに対応。
ミリ→インチ/ミリ→寸の瞬時換算可能な機能を装備。(KPSシリーズ)
ラック・ピニオン方式など端数の出る送りピッチにも対応可能。(電子ギア機能)


NSS-A 小型デジタルカウンタ
SPS

測長+999999~-99999 角度±360.00°
測長10・2進
角度1・5・10分
0.01・0.1/1°読み
多機能デジタルカウンタ
NPS (10ポイント出力・シリアル通信標準搭載
アナログ出力・パラレル出力オプション対応)

測長±9999999 角度±360.00°
測長10・2進
角度1・10・15・30秒、1・5・10分
0.01・0.1・1度
汎用デジタルカウンタ
KPS

測長±9999999 角度±360.00.00°
測長10・2進
角度1・10・30秒、1・5・10分
0.01・0.1/1°読み
小型アナログ出力カウンタ
CNT-3921

測長+999999~-199999
測長10進
パラレル出力デジタルカウンタ
KPS-P

測長±999999 角度±360.00°
測長10・2進
角度10・30秒、1・5・10分
0.01度


 デジタルカウンタの主な仕様
機種名 デジタルカウンタ アナログ出力対応
小型カウンタ
SPS KPS KPS-P CNT-3921
NSS-A
表示桁数 6桁(-表示を含む)
赤色7セグメントLED
文字高さ10mm
±7桁/赤色7セグメントLED/文字高さ15mm 6桁/7セグメントLED
赤色・緑色選択可能
文字高さ14.2mm
カウント値リセット 手動スイッチ及び外部制御信号によるリセット 外部制御によるリセット
カウント範囲 測長+999999〜-99999
角度±360.00°
測長±9999999 角度±360.00.00°
測長:10・2進
測長+999999
〜-199999
カウントモード 角度1・5・10分・0.01・0.1/1°読み 角度1・10・15・30秒・1・5・10分・0.01・0.1/1°読み 測長10進
その他:回転計/速度計
小数点位置 パラメータの設定による任意設定
リード値 パラメータの設定により任意設定
メモリ 不揮発性メモリによりバックアップ
(電源OFF時より約10年)
内部電池により
1ヶ月間保持
キースイッチ クリア・デジット・UP
プリセット・デジット・UP・DOWN
電源電圧/消費電力 AC100〜240V±10% 50/60Hz 5W AC100/115/200/230V DC9.6〜30V 8VA以下
受注時指定
エンコーダ供給電源 DC12V 100mA
DC12V 150mA/
DC5V 100mA(オプション)
DC5V・100mA/
DC12V・50mA
受注時指定
応答周波数 5kHz/50kHz/500kHz
(パラメータ設定)
250kHz
回転数表示 エンコ-ダ軸の回転数をrpm表示
速度表示 ロータリエンコーダやリニアエンコーダによる速度表示mm/分
ピークホールド:カウント値の最大値を表示
ボトムホールド:カウント値の最小値を表示
振れ幅表示:カウント値の最大値-最小値を表示
外部制御信号 リセット、プリセット リセット・インヒビット・プリセット・乗数演算・ミリ/尺表示切換・ミリ/インチ表示切換
パラレル出力 28bit/SIGN/ストローブ
パラレル出力
更新時間
約1ms
使用温度 0〜45℃
使用湿度範囲 RH35〜90%(結露無き事)
保存温度 -20〜80℃
質 量 約200g
(取付金具含む)
約270g
(取付金具含む)
約700g
耐振動 49m/s2で30分
耐衝撃 耐久294m/s2 X・Y・Z各方向3回
出力ポイント 2点出力
出力容量 フォトモスリレー
MAX DC350V 80mA
MAX AC240V 80mA
(抵抗負荷)
出力信号タイミング ラッチホールド信号入力後40ms以上 2点のレベル出力
アナログ出力 0〜10V/±10V/
1〜5V/4〜20mA
(注文時指定)
出力更新時間 約1ms
(パルス入力〜アナログ出力の最大遅れ時間3ms)
出力レート 0オフセット及びフルスケール値は内部設定可能
分解能 約10000倍(0〜10V)
負荷抵抗 電圧出力のとき
4.7kΩ以上
電流出力のとき
560Ω以下
出力精度 ±0.2%F.S以内(23℃)
湿度係数 ±200ppm/℃以内
オプション EX-2又はTC-1 CK-4-2
RoHS指令 対応
※NKSカウンタシリーズの代替えとしてKPSシリーズを使用する場合は、
 オプションのカウンタ固定金具を使用してください。


SPS 小型デジタルカウンタ
RoHS指令:対応


NSS-A
  使用j事例 図面データPDF 
図面データDXF(AutoCAD2000) 図面データDXF(AutoCAD2010) 図面データDWG(AutoCAD2000) 図面データDWG(AutoCAD2010) 

上に戻る▲

KPS / KPS-P 汎用デジタルカウンタ
RoHS指令:対応




※NKSカウンタシリーズの代替えとして使用する場合はオプションのカウンタ固定金具を使用してください。(有償)


  使用j事例 図面データPDF 
KPS:
図面データDXF(AutoCAD2000) 図面データDXF(AutoCAD2010) 図面データDWG(AutoCAD2000) 図面データDWG(AutoCAD2010) 
KPS-P:
図面データDXF(AutoCAD2000) 図面データDXF(AutoCAD2010) 図面データDWG(AutoCAD2000) 図面データDWG(AutoCAD2010) 
 
上に戻る▲

■パラメータ

初期値
基本設定 
No.
項  目
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
1
基本パラメータ設定 0 0
2
小数点位置設定 1 1
3
リード値設定 0 0 0 2 0 0 0
4
エンコーダ1回転のパルス数設定 0 0 0 1 0 0 0
5
カウントモード設定 0 0
6
カウント極性切り替え 0
7
角度モードカウント切替 0
8
プリセット値設定
(-)
0 0 0 0 0 0 0
9
任意乗数演算値設定(仮数) 0 0 0 0 0 0 1
10
任意乗数演算値設定(指数) 0
パラレル出力設定  
18
パラレル出力モード設定 0
表示ホールド設定    
19
表示ホールドモード設定 0
表示更新時間設定   
21
表示更新時間設定 0 0 0
移動平均測定回数設定
22
移動平均測定回数設定 9 1 0
A/B相入力応答切換 
25
エンコーダ入力応答周波数切換設定 1

FUN1】: 基本パラメータ設定
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
0 0 初期値

基本パラメータは初期設定を簡素化するためFUNデータを予め決められた初期値に設定する機能です。
FUN1 FUN2 FUN3 FUN4 FUN5 適用機種
設定値 小数点位置 リード値 パルス数 カウントモード
0 11 200 1000 0 D-1000Z/DE-04/DL-07
1 11 400 1000 0 D-540/SIS(マコメ)/DL-20A,30I/DES-01
2 22 40 1000 0 D-5400/DX-025/リニアスケールEMIX2/DEX-01
3 11 100 1000 0 DS-025
11 自動設定 360 2160 10 A-2160 10分読み
12 自動設定 360 2160 11 A-2160 5分読み
13 自動設定 360 5400 12 A-5400 1分読み
14 自動設定 360.00.00 10800 16 NH-10800 30秒読み
15 自動設定 360 100 13 100P/R 1゜読み
16 自動設定 360 1000 14 1000P/R 0.1゜読み
17 自動設定 360 9000 15 9000P/R 0.01゜読み
20 33 4 1000 0 リニアスケールEMIX23
50 0 60 100 50 回転計モード(100P/R)
51 33 12 1000 50 速度計(D-1000Z・DE-04)リニアエンコーダ
※基本パラメータ以外の設定を行う場合、カウントモードを優先して設定した後、パルス数やリード値を上書き設定してください。
・ 角度モードの小数点位置は自動設定となりFUN2の表示はスキップします。

【FUN2】: 小数点位置設定
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
1 1 初期値
・1桁目:外部制御信号の乗数演算がON時の小数点位置を設定します。 (単位切換設定などに使用)
・2桁目:通常時の小数点位置を設定します。
0
小数点以下表示無
1
□□□□□□.□
2
□□□□□.□□
3
□□□□.□□□
4
□□□.□□□□
5
□□.□□□□□


【FUN3】: リード値設定
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
0
0
0
2
0
0
0
初期値
・機械に取り付けたエンコーダが1回転した時に機械が移動する距離を設定します。
・ 小数点位置はFUN2の2桁目の設定値となります。
・角度モードの場合もFUN1の基本設定に無い場合、任意の値を設定します。
・回転計モードに設定した場合、FUN4で設定したパルスが入力された時に表示する値を設定します。

【FUN4】: エンコーダのパルス設定
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
0
0
0
1
0
0
0
初期値
・機械に取り付けたエンコーダが1回転した時に発生するパルス数を設定
・回転計モードの時も同様にエンコーダ1回転のパルス数を設定します。
注)必要最低限のエンコーダのパルス数は下記計算式より算出してください。
エンコーダパルス数=>(リード値÷最小読取値)/4
上記より算出されたエンコーダのパルス数より多いエンコーダで有れば使用可能です。

【FUN5】: カウントモード設定
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
0
0
初期値

・カウントモード設定
設定値 カウントモード 表示内容
0 10進 ±9999999
1 2進 ±9999995
10 10分 ±359.50
11 5分 ±359.55
12 1分 ±359.59
13 ±359
14 0.1° ±359.9
15 0.01° ±359.99
16 30秒 ±359.59.30
17 15秒 ±359.59.45
18 10秒 ±359.59.50
19 1秒 ±359.59.59
50 回転計 ±999999


【FUN6】: カウント極性切替
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
0
初期値
・ カウントの極性を変更したい場合、“0”または“1”の何れかに変更してください。

【FUN7】: 角度モードカウント切替
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
0
初期値
0 : “0゜”を境に±カウントを行います。(-360゜〜-2゜・-1゜・0゜・1゜・2゜〜360゜)
1:“0〜360゜”の範囲で表示し、“-”は表示されません。
 例.1分モード時 359.58⇔359.59⇔0.00⇔0.01⇔0.02の如く“-”を表示しません。

【FUN8】: プリセット値設定
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
(-)
0
0
0
0
0
0.
0
初期値
・FUN8に任意の値を設定した後、通常モードに戻ると現在値がこの値に 修正されます。
・外部制御信号の【PRESET】を入力した場合、現在値をFUN8の設定値 に修正します。
・パネルの【P】キーを押すと、現在値がこの値に修正されます。

【FUN9】: 任意乗数演算値設定(仮数)
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
0
0
0
0
0
0
1
初期値

(0000001〜9999999)

【FUN10】: 任意乗数演算値設定(指数)小数点の位置設定
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
0
初期値
(0〜9) 100〜10-9
・ 任意乗数演算信号がONの場合、表示に対して上記の値を演算し表示します。

FUN9の設定
FUN10の設定
FUN2の設定
現在値mm
演算ON
(仮数部)
(指数部)
(小数点設定)
254.00mm
10.000インチ
演算値 39370
6
23
303.3mm
1.00尺
演算値 33003
7
12

※角度モード時は乗数演算は機能しません。

【FUN11〜17】: 未使用
・内容は変更しないでください。

【FUN18】: パラレル出力コード設定(KPS-Pのみ)
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
0
初期値
0 :BCDコード出力
1 :バイナリコード出力
2 :グレイコード出力

パラレル出力信号の形態を、BCDコード出力またはバイナリコード出力及びグレイコードの切替を行います。

【FUN19】: 表示ホールドモード設定
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
0
初期値

0 :カウント値を表示します。
1 :ピークホールド(最大値)表示
 カウント値の最大値が更新された場合、その値を表示します。
2 :ボトムホールド(最小値)表示
 カウント値の最小値が更新された場合、その値を表示します。
3 :ピーク値(最大値)-ボトム値(最小値)表示(振れ幅)
 カウント値の最大値と最小値の差を表示します。
4 :未使用

【FUN20】: 未使用
・内容は変更しないでください。

【FUN21】: 表示更新時間設定
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
0
0.
0
初期値

・回転数モードや速度表示モードに設定した場合、LED表示の“チラツキ”を押さえたい場合に設定します。
・“0”に設定した場合、通常の表示となり、最大設定値は99.9秒です。

【FUN22】: 移動平均測定回数設定
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
9
1
0
初期値

●1桁目移動平均回数
0/1:ダイレクト表示
2〜9:移動平均回数指定
・回転計モードと速度計モードの時に有効となり初期値“0”の場合は測定値をダイレクトに表示します。
・仮に3と設定された場合、現時点より遡って過去3回の平均値を算出し表示します。
・この移動平均機能を使うことにより表示のパラツキを押さえた表示を行う事ができます。
●2桁目サンプリング時間
0:100ms
1:1sec初期値
2:10sec
・回転計モードと速度計モードの時に有効となり初期値”1”の場合、サンプリング時間は1秒となります。
・回転数が早い場合は100msにまた極端に遅い場合は10秒に設定してください。
●3桁目使用せず

※設定値は変更しないでください。


【FUN23〜24】: 未使用
 ※設定値は変更しないでください。

【FUN25】: エンコーダ入力応答周波数切替設定
8桁目
7桁目
6桁目
5桁目
4桁目
3桁目
2桁目
1桁目
1
初期値

・ エンコーダ入力の最大応答周波数を切り替えます。
0 : 5kHz応答
1 : 50kHz応答
2 : 500kHz応答
・ 高速応答に設定した場合、エンコーダ信号ラインはノイズの影響を受けやすくなりますのでノイズ対策は充分に留意してください。

【FUN26】: 未使用
 ※設定値は変更しないでください。

■外部制御入力

必要な信号線とCOM(0V)との間にA接点を入れてください。オープンコレクタを使用する場合は、信号線をコレクタに接続しエミッタ側をCOM(0V)に接続してください。
(参考)
オプションの延長コード(EX-2)を利用すると便利です。
尚、2Pinの乗数演算機能を利用する場合は(AX-2)を利用してください。


■使用方法



1:
7セグメントLED(7桁)
カウント値や各パラメータ設定時の値を表示します。
4: Dキー
パラメータやポイントデータ設定時、押す毎に設定桁が右にシフトします。2秒以上押し続けた場合、プリセットモードになります。
2: マイナス表示ランプ
カウント値や各パラメータ設定値の8桁目が“-”の場合に点灯します。
5: ▲キー
2秒以上押し続けた場合はファンクション入力モードになります。パラメータ設定時、押す毎に設定値がアップします。
3: Pキー
パラメータ設定時のデータ確定に使用します。通常モード時に押した場合は、FUN-08に設定されている値に現在値が修正されます。
6: ▼キー
パラメータ設定時、押す毎に設定値がダウンします。


■ファンクションモード

カウンタの機能を設定するため各パラメータ(ファンクション 以降FUN)を設定してください。
手順1:
パネルの【▲】キーを2秒間以上押すとファンクションモードとなります。その際、ご使用開始直後は“F-01”と表示しますが、電源投入後2回目以降は前回選択された最後のFUN番号を表示します。この時、選択されたFUN番号と設定されているデータを交互に表示します。
手順4: 設定値の変更
手順3の操作により設定可能桁が点滅状態となり、【D】キーを押す毎に設定桁は右に桁移動します。
設定桁が最下位まで移動した後、更に【D】キーを押すと最上位桁に戻ります。
手順2: ファンクション番号の選択
交互表示状態の時、パネルの【▲】キーを押す毎にファンクション番号がアップし【▼】キーを押す毎にダウンします。なお、【▲】キー又は【▼】キーを押し続けると早送りでFUN番号が変わります。
手順5: データの設定および変更
点滅している桁に対して【▲】キーを押すと設定値がアップし【▼】キーを押すとダウンします。
また“-”データが設定可能なデータのみ“-”が表示されます。
手順3: 設定値の変更または確認
変更または確認したいファンクション番号を表示させるとFUN番号と設定値が交互に表示されますので、設定値を確認します。
この状態で【D】キーを押すと、設定値変更モードに移行します。 
手順6: 設定値変更確定と確認
データの設定が完了した時点で、【P】キーを押すと登録データが確定し、変更された設定値とファンクション番号を交互に表示します。この状態で更に【P】キーを押すと通常モードに戻ります。


■操作の流れ





■パラレル出力タイミング

1 : 出力コードの設定
FUN18に設定した出力コード設定に従って現在値表示LEDに表示されている値をパラレル出力します。

2 : 制御方法
・ 外部制御信号【ストローブ】出力方式
パラレルデータは、約1msの周期でデータを更新しながら連続して出力します。また、出力データが確定した時点で、外部制御信号【ストローブ】を出力します。


・外部制御信号【ラッチ】入力方式
ラッチ信号を入力するとパラレル出力データがロックし、安定した状態で読み出しが可能となります。ラッチ信号入力後、データが確定するまで約1msかかります。尚データが確定するとストローブ信号がONとなります。また、読み出しが完了するまでの間、ラッチ入力を保持してください。ラッチ入力が無い時は、上図の如く1msの周期でデータを更新しながら連続して出力します。


ピンNo.
信号名
オプションケーブルCK-4-2のドットマークと線色
ピンNo.
信号名
オプションケーブルCK-4-2のドットマークと線色
1
8
橙 赤-
21
800000
橙 赤---
2
4
橙 黒-
22
400000
橙 黒---
3
2
灰 赤-
23
200000
灰 赤---
4
1
灰 黒-
24
100000
灰 黒---
5
80
白 赤-
25
8000000
白 赤---
6
40
白 黒-
26
4000000
白 黒---
7
20
黄 赤-
27
2000000
黄 赤---
8
10
黄  黒-
28
1000000
黄 黒---
9
800
桃 赤-
29
マイナス符号
桃 赤---
10
400
桃 黒-
30
ストローブ
桃 黒---
11
200
橙 赤--
31
乗数
橙 赤----
12
100
橙 黒--
32
ラッチ
橙 黒----
13
8000
灰 赤--
33
リセット
灰 赤----
14
4000
灰 黒--
34
インヒビット
灰 黒----
15
2000
白 赤--
35
プリセット
白 赤----
16
1000
白 黒--
36
入力COM
白 黒----
17
80000
黄 赤--
37
出力COM
黄 赤----
18
40000
黄 黒--
 
19
20000
桃 赤--
 
20
10000
桃 黒--
 

■入出力回路






CNT-3921 小型アナログ出力カウンタ
RoHS指令:非対応
FP-04 外形寸法図
  使用j事例 図面データPDF 
図面データDXF(AutoCAD2000) 図面データDXF(AutoCAD2010) 図面データDWG(AutoCAD2000) 図面データDWG(AutoCAD2010) 

上に戻る▲

CNT-3921の特長(ココリサーチ製)
約1ms更新の高速アナログ出力。
アナログ出力の形態は0〜10V、1〜5V、0〜±10V、4〜20mAの中から選択可能。
アナログ出力の最小値(アナログオフセット)と最大値(アナログフルスケール)は任意位置指定可能。
追従性の良いアナログ出力のため解析用途等に最適。
入力パルスに対して任意の係数(□□□□□□×10-0〜-9)を乗じた表示が出来るスケーリング機能を内蔵しているため任意のリード値に対応可能。


使用事例 コイル・板金業界(スリッタ,メジャーリングロール) 木工業界(押し出し切断機) アルミ加工業界(穴開け機) ラック・ピニオン 門型加工機 多関節ロボット
上に戻る▲

関連機器
LED照明関連製品 リニアエンコーダ ロータリーエンコーダ・インクリメンタル リニアスケール 磁歪式リニア変位センサ測長システム 直線変位精密ポテンショメータ アブソリュート関連製品 デジタルカウンタ 位置決めカウンタ デジカラー/デジタルメジャー オプション 高級自在バイス 

検索
お客様のご利用目的に合わせてデジカラー製品が検索できる便利なページです。
>> 利用目的別製品検索ページ
>> オプション類との組み合わせ確認ページ
>> サイト内検索
Powerd by Google
その他お問い合わせ先
各種ご相談窓口 お見積もり依頼 代金引き換えサービス専用お見積もり依頼 PDFこのサイトでは多くの情報をPDFファイルで掲載しています。このファイルをご覧頂くためにAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。別途PDFデータをメールにてご希望の場合はこちらへご依頼ください。
カタログ無料進呈

代金引換サービス

電話でのお問い合わせ


Legal notices and trademark attributions. Information on this site is for Japanese domestic market only.
Last updated on 4:16 PM Wednesday, June 8, 2011