ドラフター

豊富なバリエーションをラインアップしたMUTOHのドラフターは、設計を熟知したMUTOHならではの品揃えです。使い勝手に合わせてお選びいただけます。さらには、多彩にご用意したオプションと組み合わせれば、設計者の個性にフィットしたより快適な設計環境をつくりだすことができます。

  • LAJ-1000/LAJ-1000L(左用)

  • LAJ-900

  • LAN-A1

  •  

    JR-A2E/JR-A3E

  • LAJ-3600

ドラフター機能詳細

機種で絞り込む

    
  • バーニアヘッド

    バーニアヘッド

  • フレネルレンズ

    フレネルレンズ

  • 二次基準線設定

    二次基準線設定

  • スケール
    バランサー

    スケール
    バランサー

  • F.F.R方式

    F.F.R方式

  • フローティング
    バランサー
    &ダブルヒンジ
    機構

    フローティング
    バランサー
    &ダブルヒンジ
    機構

  • ロック付き微動調整ローター

    ロック付き微動調整ローター

  • ソフトハンドル

    ソフトハンドル

  • 縦レール
    ワンタッチ着脱

    縦レール
    ワンタッチ着脱

  • 製図板の
    簡単取り付け

    製図板の
    簡単取り付け

  • フルスペースの図板

    フルスペースの図板

  • 自動追従式
    トラックガイド

    自動追従式
    トラックガイド

  • ブレーキ機構

    ブレーキ機構

  • NEOドラフター

    NEOドラフター

  • 傾斜スタンド付き

    傾斜スタンド付き

  • 定型図面

    定型図面

  • 一体型

    一体型


LAJ-1000/LAJ-1000L LAJ-900 LAN-A1 LAJ-3600

  

フレネルレンズで細かい目盛も見やすいバーニアヘッド

最小角度読み取り単位5分、角度を正確に読み取りできるバーニアヘッド。読み取り部分には1.5倍の拡大率を誇るフレネルレンズを搭載し細かい目盛も見やすい設計。アルミ彫刻による高精度一体仕上げの目盛盤には、建築土木図面で使用する勾配目盛(TAN目盛)※も備えています。もちろん2次基準線は、簡単なレバー操作で10分単位の設定が可能。MUTOHならではの伝統と信頼の技術で完成した高精度なバーニアヘッドです。

例えば20度に2次基準線を設定したい場合、基準線固定レバーをフリーにして2次基準線分度盤を20度に合わせロックすると、主分度盤の0度目盛は常に20度の基準線を表します。

※LAJ-1000Lは勾配目盛(TAN目盛)ではありません。

JR-A2E/JR-A3E

最小角度読み取り単位10分のバー二アヘッド。MUTOH伝統のアルミ彫刻による高精度一体仕上げ加工の分度盤は、細かな目盛りも正確に設定/読み取りが行えます。防塵カバーも装備しており埃をよせつけません。もちろん2次基準線も設定可能です。


LAJ-1000/LAJ-1000L、LAJ-900、LAN-A1


LAJ-1000/LAJ-1000L、LAJ-900、LAN-A1


JR-A2E/JR-A3E

機能一覧


LAJ-1000/LAJ-1000L LAJ-900 LAN-A1 LAJ-3600

どんな図板角度でも最適なバランスで静止するスケールバランサー

ドラフターを立面で使用する際、ドラフターヘッドから手を離すとスケールの自重で回転してしまいます(インデックスレバーがフリーの状態)。この回転落下を防ぐのがMUTOH独自のスケールバランサー。ヘッド内部に搭載したスプリング機構が、スケールの落下荷重と等しい力で上方向に牽引し常に静止状態を保ちます。ヘッド裏側のスケールバランス調整ローターを調整するだけで、どんな図板角度でも最適なバランスを確保します。

機能一覧


LAJ-1000/LAJ-1000L LAJ-900 LAN-A1 LAJ-3600

カーソル移動の軽快さと精度を追求したF.F.R(Flat Face Rolling)方式

F.F.R(Flat Face Rolling)方式とは、レールやカーソルの可動部分にかかる縦・横方向の荷重をそれぞれ独立したコロで受け、各ローラへの負担を均等化させ軽減させるためのメカニズムです。また、レールの走行性を左右するメインローラ部分には、スチールローラとステンレスベルトを採用。軽快性と耐久性を数段アップさせています。

機能一覧


ドラフター全機種

Z方向の動きを軽くするフローティングバランサー&ダブルヒンジ機構

作図時はドラフターヘッドを図板に密着させますが、移動時は大切な図面を汚れや破損から防ぐために図板から浮かせます。この二段階の動きを可能にするのがダブルヒンジ機構。さらに、ドラフターヘッドを浮かせた状態でバランスを保ちながら停止するフローティングバランサーを搭載。ヘッド内部のコイルスプリングによって、ヘッドを軽く押さえるだけでスケールは図板にぴったりと密着、スムーズな上下運動と最適なフローティングバランスを保ちます。スケールと図板の密着具合は、ヒンジ部のフローティングモールで無段階に調整できます。


フローティングモール

機能一覧


LAJ-1000/LAJ-1000L LAJ-900 LAN-A1 LAJ-3600

ロック付き微動調整ローター

スケールの水平角度はスケール先端で25mmとワイドな調整が可能。調整用のローターは、不慮の操作で回転を防ぐロック付きなので安心です。

機能一覧


LAJ-1000/LAJ-1000L LAJ-900 LAN-A1 LAJ-3600

手にフィットするソフトハンドル

手にしっくりとなじむ素材とデザインで仕上げられたソフトハンドル。インデックスレバーも使いやすい位置にレイアウトされています。

機能一覧


LAJ-1000/LAJ-1000L LAJ-900 LAN-A1

縦レールの取外しはワンタッチ

縦レールを取り外す場合は、縦レール固定レバーを回すだけで簡単に着脱可能。繰り返し取り外しても板バネによる復元力で、レール直角度の精度を維持します。

機能一覧


LAJ-1000/LAJ-1000L LAJ-900 LAN-A1

製図板の簡単取り付け

製図台と製図板の固定は、製図台のピンを製図板の穴に差し込むだけで簡単、確実に固定。従来の木ネジによる固定の手間と時間を大幅に改善しました。

機能一覧


LAJ-1000/LAJ-1000L LAJ-900 LAN-A1 JR-A2E/JR-A3E

万力の凸部がないフルスペースの図板

製図板から横レールを固定する万力の凸部をなくして作図領域をフルスペース確保。スケールの動きを妨げることがなく、思いのままに操作することができます。

機能一覧


LAJ-1000/LAJ-1000L LAJ-900

自動追従トラックガイド

縦レールの移動とともにスムーズにスライドするトラックガイドが製図板のデッドスペースをカバー。尾部コロの取り付け部を短く設計したことで左端にレールが飛び出し、トラックガイド先端に当たる際の荷重負荷も軽減。堅牢設計でねじれの心配もありません。

機能一覧


ドラフター全機種

機能的なブレーキ機構

■横ブレーキレバー
ドラフターヘッドの左右移動を固定します。

■縦ブレーキレバー
ドラフターヘッドの上下移動を固定します。

■基準線固定レバー
設定した角度がそのままの状態でドラフターヘッドが回転します。

■角度固定レバー
ドラフターヘッドの回転を固定します。

■インデックスレバー
インデックスレバーを上方向に押し上げると、ドラフターヘッドが自由に回転します。インデックスレバーをロックすると、15度単位で固定します。

機能一覧


LAN-A1

ドラフターの設置スペースを削減するNEOドラフター

A1の図面を描く場合、B1の図板が必要でした。NEOドラフターは、横レールを固定していた左右の万力と、横レール自体の突起を無くし、A1図面をA1スペースで描く事を可能にしました。

機能一覧


JR-A2E/JR-A3E

傾斜脚を標準装備

JR-A2Eは製図板の傾斜角度を0度、15度、25度の三段階に、JR-A3Eは0度、15度の二段階に調整可能です。


JR-A2E

機能一覧


JR-A2E/JR-A3E

定型図面が余裕で描ける作図範囲

A2やA3の定型図面が余裕で描ける作図範囲を有しています。

機能一覧


JR-A2E/JR-A3E

使う場所を選ばない一体型

使う場所を選ばず持ち運びも簡単です。


JR-A3E

機能一覧