MUTOH GROUP
  • HOME > 
  • 製品情報 > 
  • 3Dプリンタ プロダクトモデル Value 3D Resinoid MR-5000 エンプラ対応 大型樹脂溶融型3Dプリンタ
違法製造物の作成禁止
武器等製造法、銃刀法(正式には、銃砲刀剣類所持等取締法)や青少年育成条例などの法令や公序良俗に反するような物の製造には当社製品を絶対に使用しないでください。
また、当社は上記のような製造物やその使用による一切の責任を負いかねます。
Value 3D Resinoid MR-5000 エンプラ対応 大型樹脂溶融型3Dプリンタ
ものづくりにこだわるMUTOHが提案する3Dプリンタ Value Arc MA5000-S1
  • PDFカタログ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

エンジニアリングプラスチック対応
Bi-Matrix構造体の製作が可能になった
大型樹脂溶融型3Dプリンタ

大型高速造形

エンプラ対応

Bi-Matrix実現

新規ヘッドで500角の大型高速造形を実現。
ダブルヘッドで複数の樹脂の複合化も可能になりました。

新開発「タフヘッド」

新開発「タフヘッド」により300℃での連続運転が可能です。エンプラ(エンジニアリングプラスチック)等広範囲の材料で造形が可能です。

大型高精度造形テーブル

最高150℃の高温で平面性を維持する特殊アルミ材を使用した造形テーブルにより、エンプラの造形が可能になりました。

高速造形

最大500角の大型造形を実現するACサーボモータを搭載した高剛性メカで300mm/secの高速動作を実現。

大型構造体の小ロット生産

従来からのABSやエラストマー樹脂の他、300℃程度で吐出可能なナイロン、PBT、PC等のエンプラでの高速造形を可能にしました。また、500角の造形が可能なので小ロットの製造でも威力を発揮します。大型テーブルを活かした多数個取りも可能です。

Bi-Matrix構造造形

MR-5000は2ヘッド構成で複数の樹脂材を個別に吐出する事が可能です。Main-Matrix樹脂とSub-Matrix樹脂の両方の特性を持ち合わせた構造体を形成する事が可能になります。例えばMain-Matrix樹脂にナイロン、Sub-Matrixにエラストマーを使用するとナイロンの持つ機械強度とエラストマーの柔軟性をあわせ持った今までに無い材料を形成する事が可能です。また、MainとSub-Matrixの比率を変更すると材料の物性を任意に取れるようになります。さらに、造形途中で材料の比率を段階的に変更する事が可能で、界面の無い連続した構造を実現する事が可能です。

主な仕様
項 目 MR-5000
造形方式 熱溶融積層式
最大造形サイズ (X × Y × Z) 500 × 500 × 500 mm
Z軸最少分解能 0.1 mm
ヘッド溶融温度設定 150〜300 ℃
テーブル温度設定 50〜150 ℃
プリントヘッド数 最大2個
外部I/F Ethernet 1000BASE
操作方式 15インチカラーLCD(タッチパネル操作)
本体質量 約350 kg
外形寸法 (W × D × H) 1,240 × 1,100 × 2,050 mm
入力電源 AC200V単相 50/60 Hz
消費電力 T.B.D
  • 3Dプリンターセミナー
  • ユーザー登録 ValueJet Clubユーザー登録 ValueJet Clubは、プロファイルのダウンロード等、ユーザーのための有益なサービスです。
  • サポートセンター サポートセンター電話番号 03-6758-7077
    受付時間 営業日
    9:00〜12:00 13:00〜17:00
    全国のサービス拠点はコチラです。
    Webフォームからお問い合わせ
  • サプライ品のご購入 Supply Mall MUTOH プロッタ、プリンタの消耗品からオフィスで役立つ小物まで入手可能なオンラインショップ。
  • ユーザ活用事例・お客様の声 ユーザー事例紹介画像
    屋外看板・電飾看板(サイン)などの製作物と捺染(服飾)・インテリア等、新分野でのユーザ事例などをレポートしていきます。
  • 設計製図機器
  • 計測・制御機器
  • 環境対応製品