• 掲載製品購入ガイド
  • ムトーエンジニアリングのオンラインCADショップ cadshopMUTOH
  • 掲載製品購入ガイド
  1. ホーム > CADソリューション > 製品情報 > ラスターソリューション > 
  2. EDGESWEEPER

ITソリューション

オンラインショップで購入 セールススタッフを通して購入


過去に作成した紙図面を手軽に編集できたら
多忙な設計者なら、誰もが一度は思い浮かべるこの理想。
これをカタチにしたのが、MUTOHの「エッジ・スイーパ」。既存の紙図面をスキャンするだけで、あとは「エッジ・スイーパ」が思い通りの編集を可能にします。

エッジスイーパーのご紹介

 

エッジスイーパーのご紹介


”ラスタ”と”ベクタ”。全く異なる二種類のデータ形式を混在させたエッジ・スイーパは、紙図面CADデータが同居する究極の設計スタイルを実現しました。
   
ラスタ
画像データのこと。ラスタは全ての形状を点列(ドット)で表現するため、写真などのイメージを表現するのに適しており、主にスキャナやデジタルカメラで利用されている。
ベクタ
CAD等のドローイング系ソフトで作成されるデータ形式のこと。線や円、文字といった要素で構成されていおり、全ての要素は座標/距離/色等の属性で管理されている。
ドット(点)を繋ぎ合わせて形状を表現しているラスタには線や円といった要素としての認識がありません。そのため、一般的なイメージ編集ではドットを黒く塗潰す、または白く塗潰すことによって図形を描画しています。しかし、エッジ・スイーパではドットの繋ぎ合わされた状態から、線や円などの要素に自動的に置き換え、オブジェクト単位での編集を可能にしました。
オブジェクト認識により、線や円といった単位で、削除/移動/コピーといった編集が可能になります。
エッジ・スイーパでは選択要素を一時的にベクタ化することにより、ラスタ上でCADのような高度な編集を可能にしました。ベクタ化された図形は座標/距離/角度/線種等の属性を保有しているので、これらの属性値を変更して図形を編集することが可能です。
また、ベクタ化された図形は編集後、元のラスタに戻りますが、そのままDXFやDWG等のCADファイルに出力する事も可能です。