• 掲載製品購入ガイド
  • ムトーエンジニアリングのオンラインCADショップ cadshopMUTOH
  • 掲載製品購入ガイド
  1. ホーム > CADソリューション > 製品情報 > M-Draf(エムドラフ) > 
  2. M-Draf LT 2010

ITソリューション

MUTOHshopで購入
      cadshopで購入

 

 

ポップアップメニュー

マウスの右ボタンを押下しながら、「上」「下」「左」「右」へマウスをドラッグするとポップアップメニューが表示されます。

アイコンでコマンドを呼び出す事も出来ますが、ポップアップメニューを使えば、マウスや視線の移動が少なくなり疲れません。ポップアップメニューに慣れてしまえば、作図操作がすばやく行え作業効率もアップします。

初期設定では「上方向」が作図コマンド関連、「下方向」が画面操作、「左方向」が編集コマンド関連、「右方向」がポイント認識に分類設定されています。(左図)

また、各方向のメニュー色を設定できますので、選択したメニューの確認が視覚的に可能。よりすばやいオペレーションが可能となりました。

これらのメニューはカスタマイズ設定を利用して定義できるので、自分なりのコマンド配列を設定することが可能です。

 

spacer
ダイナミックドラッグ
spacer
図形選択時に表示されるポイントをドラッグ&ドロップすることにより、図形の移動やコピー、変形(点の移動)を簡単に行えます。端点の移動ポイントはマウス左ボタンでのドラッグ&ドロップでは変形を行いますが、マウス右ボタンでドラッグ&ドロップすることで移動、+Shiftキ―でコピーを行うことができます。
ダイナミックドラッグ
 

詳細図ブロック

ひとつの図面内で、複数の尺度を設定できます。(異尺度表現)
詳細図ブロックごとに尺度を設定すると、ブロック内の寸法値、距離計測、座標値の入力・表示はその尺度に従います。

 




寸法間隔アサイン機能

間隔がバラバラになっている寸法線を、基準とする寸法線から一定の間隔で揃えます。

寸法線を相対移動することもできます。

 

基準寸法を含まない別コロニー(上図青枠)も寸法線をまとめて間隔揃えすることができます。

※別コロニーは最下位の寸法線を基準寸法線の位置へ合わせます。

 

自由曲線要素のNurbs化

自由曲線要素はNurbs化されていますので、多彩な幾何計算が可能です。

【ハッチング/塗りつぶし】

 自由曲線を境界とした領域のハッチング、塗りつぶしが可能です。

 

【編集】

自由曲線の一部分を選択して「消去」したり、自在に「編集」することができます。

【計算】

 自由曲線の周長計算ができます

【ポイント認識】

 ポイントモードは、既存点だけでなく、要素上点や交点などもフルサポートしています




使いやすい寸法コマンド

寸法の測定方向を自動判定します。
寸法線の位置決めのため、測定範囲外の図形上にマウスカーソルを置き、スナップ点入力することもできます。
他のCADで見られがちな、「水平/垂直」の測定方向反転は発生しません。

 

要素をドラッグするだけでも寸法作図を行えます。




寸法値の多彩な位置編集をマウス操作だけで行えます。ダイアログやメニューを表示させる手間は不要です。

 

対称位置

平行引き出し